ほわはわ日和製作レシピ
気まぐれな日記。
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
タイトルの案 
2008/11/17 [Mon] 21:02:19 » E d i t
TRPGつくったのはいいけどタイトルがない。

案としては、音楽用語。主にイタリア語が多いけど、そこらへんにしようかと…






んで軽く、設定やシステムについて。
・学園もの。
・プレイヤーは学園の生徒となり、授業、遊び、部活、委員会、行事などのイベントをこなし、最終的には…卒業なのかな。

はい。簡単ですー。
スポンサーサイト
TRPG *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
久しぶりですな。 
2008/10/29 [Wed] 22:41:47 » E d i t
最近、TRPG作ろうか模索してます。
テーマは学生。
学校生徒、学校生活、そんなのです。
戦闘のない、学生の日常を描いた、そんなものにしたいです。

あくまで非戦闘物。

気に入らない同級生や教師達を薙ぎ倒し、学校という世界の王に君臨するものではありません。

戦うのは、学力テストとぐらいですかね!
TRPG *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
TRPGについてー 
2008/08/24 [Sun] 22:51:13 » E d i t
なんか皆、オリジナルのTRPG作ってるよね?

そこで考えた。
俺も。
いや考えただけだ。


アイデアとしてはこの言葉に要約できると思う。

ネオ・デス・ダンジョン・ライト。




嘘ですよ。
D&Dより過酷なダンジョンが立ち塞がったりしませんよw
ダンジョン物なのに、やたらロールプレイ重視なんてことないですよw
ただのアイデアなんでw
TRPG *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2007/09/27 [Thu] 23:15:27 » E d i t
今回は初のキャラ設定です。
ぴろしき様を創始者、GMとするTRPG『アルアリード』ので自分で作ったキャラです。

【春乃亞(ハル=ノア)】
種族:ホムンクルス
クラス:ヴァルキリー
性別:女
年齢:外見21。実際は少し上か?

設定
ヴェルムから離れた地にある錬金術師がいた。その錬金術師は妻がいた。その男はは錬金術の研究の傍ら、家族とも実に幸せに暮らしていた。
しかし突如事件は起きた。男が家を空けた数日の間に、妻たちを残した家の当たりの地域で戦が起きた。家は半壊状態で、流れ弾か、そうでないのかはわからなかったが妻の体には無数の銃痕があった。
男は悲しみ、崩れた。

妻の遺体は埋葬せず生成した水晶に保存した。
そしてそれからありとあらゆる書物を読みあさり、『蘇生』の方法を探した。しかし、そんな事は可能な筈は無く。次第に感情は失望に溢れていくのだった。
そのなかで、錬金術の法にホムンクルス創造があるのを思い出した。
男は長い時間を悩み、考え、ついに妻の体から、妻を創るという決心に至った。

素体は人間だったため、公式の上では完璧だった。が、そうはいかなった。
ホムンクルス創造の法で蘇生が成るはずはなく、ホムンクルス創造で人間を造れるはずはなかった。
できたのは妻ではなかった。決して人間でもなかった。
かわりに出来たのは、これまで見た事も聞いた事もない程、殆ど人間なホムンクルスだった。
見た目は妻の面影こそ残していたが、10代の子供だった。それがハルの出生だ。

男は驚いた。
ハルは物も食べる、体調も崩す、そして成長していた。今までのホムンクルスの常識では有り得なかった。ただ人間ではない。紛れも無く、自分の創ったホムンクルスなのだ。

最初は妻のように愛そうとしたが、そのうち娘のように愛していた。

男はハルに自分の知識のすべてを教えた。


数年後、男はハルに、外の世界へ出るように言いました。

旅立ちの日、男はハルにこう言った。
「ハル、私は愛する妻を生き返らせようとしてお前を創った。しかし、お前は妻ではなかった。だがな、私は妻を愛していたし、お前の事も娘のように愛した。妻を愛したことが、お前を生むこととなり、お前を愛する事になったのだ。奇しくも、そんな事に気付いたのはお前と長く暮らした最近の事だ。
…さあハルよ、私の愛しい娘よ、旅立ちなさい。世界を見てくるのだ。そして、知るのだ。人を愛すること、人から愛されることを。」







そしてハルは旅立った。
最初は持ち前の錬金術スキルを活かし、アルケミストに。器用だが、たまにドジを踏んだりし、名アイテム『トニックポーション』を造るが、素材、生成法を忘れるといった失態。
仲間と出会い、冒険者となる。明るい性格からパーティーのムードメーカーに。魔術スキルを磨き、ビショップに。

アルアーク教会のファランテをからかううちに、ファランテからさりげなく好意を持たれ、ハルも満更でもないようだ。

最近ではごくたまに酒場でファランテを潰してからかうハルが目撃されてるとか…
ちなみに酒には強く、あのヴァルと飲み比べをし見事飲み伏せた。


ファランテを意識してか、邪悪な奇跡を捨て、ヴァルキリーに。
何故クレリックやナイトではないのかは本人いわく「まんまってのじゃ、からかい甲斐がないじゃない?笑」だそうだ。
TRPG *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。